キャリア採用

STAFF INTERVIEWスタッフインタビュー

新卒リベンジ

PROFILE 営業本部 横浜地区
ゼネラルマネージャー

加藤 友香梨YUKARI KATO

2010年、国内大手航空会社に特定地上職として入社。羽田空港国内線ターミナルにて勤務。出発ロビーでのカウンター業務、搭乗口での改札業務、手荷物受託ハンドリングなど地上業務全般を行う。2013年、ノバレーゼに中途入社。

ノバレーゼへの入社理由

一期一会の接客から、
お客様の人生に寄り添う仕事へ

前職でも接客にやりがいは感じていましたが、将来のキャリアを考えたとき、前職ではステップアップをすると、例えば飛行機の発着コントロールなどの管理業務がメインになるため、お客様との接客の機会がだんだん減っていき、自身がなりたいキャリア像とは少し違うと感じていました。「もっとお客様の接客がしたい。お客様の想いや人生に寄り添う仕事がしたい。」と転職を決意。学生時代の就職活動時に出会ったブライダル業界にもう一度チャレンジしたいと思いました。そのときに思い出したのが、当時受験していたノバレーゼ。実は新卒採用では、選考で落ちてしまった企業でした。当時の会社説明会で聞いた企業理念や社長の言葉、スタッフの方々の心から仕事を楽しんでいる輝いた姿が鮮明に蘇ってきました。「ブライダル業界を目指すなら、もう一度、ここにチャレンジしたい!」と、3年越しの想いを届けに行くことを決めました。

一期一会の接客から、お客様の人生に寄り添う仕事へ

とことんお客様のためを考えて
仕事に打ち込む環境

前職ではさまざまなお客様の層に合わせた臨機応変な対応や接遇が求められました。ブライダル業界に転職してお客様と長く時間を共にする中で、お客様が求めるものは美しい敬語や感じの良い表面上の接客ではなく、「自分たちのことをどれだけ真剣に考えてくれているか」であると実感しました。一生に一度の結婚式。お客様がどうしたら安心してくれるだろうと、電話一本するときにも自分が発する言葉について一生懸命吟味します。お客様の想像を超えた結婚式をご提案するために、演出や結婚式の知識を勉強するのはもちろん、最近オープンしたばかりのレストランやおすすめのショップに足を運んでみたり、映画やファッションなど一見結婚式とは関係ないような世の中の流行のチェックをしたり、とにかくさまざまなことにアンテナを張るようになりました。
会社に行くと、常にみんなが「それはお客様のためになっているか」ということを、真剣に議論しています。こんなにも真っすぐにお客様の方を向き、お客様のことを考えて仕事に打ち込める環境があるんだと入社当時はとても驚きました。
また前職では、みんな仲が良かったものの、裏を返せば競争意識がなく横並び、モチベーションが高い人も低い人も同じ評価でした。それが本当にお客様のためになっているのかということを深く考え、スタッフのため・チームのために働くという意識はありませんでした。転職したことで、働くということへの考え方がガラッと変わりました。自分にしかできない仕事、チームでしかできない仕事があり、大きな責任とやりがいがある。自分が成長していきたい気持ちを会社が応援してくれる。個人でもチームでも評価される仕組みがあり、誰かのために頑張る気持ちや人の人生に関わる仕事の責任の重さを知った今、より覚悟を持ち、強い気持ちで仕事をしています。

目指すものは「圧倒的なリーダー」
自身の結婚を経たからこその強み

1~2年目は、ウエディングプランナーとして、新規営業や結婚式当日までの打ち合わせや当日のキャプテン(総責任者)などトータルに経験させてもらいました。3年目からはマネージャーを務め、新規営業と約10名のウエディングプランナーチームのマネジメントを任せてもらいました。2016年から、店舗責任者であるGM(ゼネラルマネージャー)となりました。目指したい姿は「圧倒的なリーダー」です。誰からも信頼され、言葉に重みがあり、それでいて相手の気持ちも察することができるような人になりたいと考えています。自分がスタッフだったときに見ていたGMは、いつもそんな姿に映っていたからです。
また、自身が結婚したことで、よりお客様から何気ない悩みを相談されたり、質問をされたりすることが増えてきました。だからこそ、より一歩踏み込んだ幅広い提案ができるようになっていきたいと思います。もちろん、出産をしても子育てをしながらもお客様のためにスタッフと一緒に大好きなこの会社で誇りある仕事をずっと続けていきたい。良い結婚式をするためにどこまでも愚直に働いていきたいと思っています。他のスタッフの働きがいややりがいを考える仕事には終わりはありません。スタッフが目の前のお客様に向かってとことんまで走り続けられるように、まだまだ店舗の環境を整えていきたいと思っています。

目指すものは「圧倒的なリーダー」自身の結婚を経たからこその強み

やりたいことに真っすぐな
気持ちで
飛び込んできてほしい

転職は、勇気がいることだと思います。それでもやりたいことがあるのなら、恐れずに、真っすぐな気持ちで飛び込んできてほしいと思います。打算や妥協はせずに、純粋に誰かのために一生懸命走ることができる人をお客様もスタッフも待っています。
私自身、一度新卒の時にご縁がなかったこともあり、再チャレンジにはもちろん迷いや不安もありました。でも、一生に一度の自分の人生、やらないで後悔したくない。自分に素直に、前向きに進みたいという気持ちが勝ち、チャレンジすることが出来ました。ブライダル業界はよく大変そう、忙しそう、と言われたりしますが、真剣に仕事をしていれば、どんなことをしていてもきっと同じだと思います。真面目に向き合っているから楽しいし、涙も出ます。やろうと思ったら、いくらでも業務改善だって図れるはず。その仕事をどう捉え、どう向き合っていくかはすべて自分次第。
私は仕事をしている時間を仕事と思わずに、これから幸せな結婚式を控えているお客様のために、夢中になって過ごしていると思います。一生に一度の結婚式をお手伝いするという仕事は本当にかけがえのない素敵な瞬間の連続です。一緒に働けるのを楽しみにしています!

やりたいことに真っすぐな気持ちで飛び込んできてほしい