NOVARESE CSR 活動報告

TOPへ
new

岡山県でChoット Suテキな Reボリューション!(CSR)

[未来の食] 2017.8.21

今年で4回目となる岡山県でのCSR活動。このCSR活動では収穫、桃の木の剪定や加工作業体験をしました。繊細な桃の収穫は何よりも丁寧に、想いをもって作業を行わなければなりません。桃は「生きがい」だと語る農家さんに刺激を受け、特にお世話になった総社もも生産組合さんにはスタッフと同世代の方が多く仕事への熱い想いを語り合うRockな活動となりました。

参加したスタッフの声

■ 農家の皆さんの私たちへの無償の愛と桃に対する情熱を感じ、働き方は違うが「人のために生きよ」という想いは同じだと感じました。農家さんと関わることで感じた愛や周りへの気配り、周りを巻き込み盛り上げることなどを明日から実践したいです。

new

今年で7回目、心揺さぶるCSR活動

[未来の食] 2016.12.13

毎年恒例となった冬のCSR活動は、静岡県みかん農家さんで収穫体験を行う3日間。全国各地から選抜された26名のスタッフが参加しました。今年はあいにくの天候が続きましたが、収穫作業や農家さんとのふれあいを通じて”みかん”以上の収穫があるこの活動です。そして活動後には、農家さんとノバレーゼスタッフとのコラボレーション企画で生まれた収穫みかんを使用した商品「想酢」が販売されます。みかんの香りに"想いを込めたお酢"。静岡からRockな活動!どんどん広げていきます。

桃魂!今年も岡山のモモ生産組合との連携で農業体験

[未来の食] 2016.10.5

今年もこの時期がやってまいりました。夏といえば桃!毎年恒例の桃魂CSRを行いました。2014年よりスタートしたこのCSR活動は岡山県総社市の桃農家さんのもとで農業体験をしています。繊細で傷みやすく、且つ高級な果物であるからこそ、優しく丁寧に扱わなければなりません。この農業体験を通じて、農家さん達の真心を込めて育てた桃への想いや購入されるお客様への想いを学ぶことができ、私達の日々の業務にも深みがまします。ワークショップでは参加しているスタッフと農家さんが一緒に桃のブランディング戦略を考案する時間も設けられました。選果場も見学し、食を扱う会社としてより一層意識が高まる機会となりました。今後もノバレーゼのCSR活動はパワーアップしていきます。

今年で6回目、静岡県みかん農家さんで収穫体験

[未来の食] 2015.12.15

2011年よりスタートした静岡県重須地区みかん農家さんで行うCSR活動。全国より選抜されたスタッフが2泊3日で活動を行いました。収穫のお手伝いをさせていただき、飲食を扱う会社としてあるべき姿を考えさせられる活動となりました。農家さんの想いや農作物に込められた深い愛情をしっかりと噛みしめ、お客様へご提供していこうと改めて思い返す機会です。その後は収穫したみかんを「みかんシャーベット」に加工し、全社員で食しました。農業とブライダル業、業種は異なりますが、プロとして“お客様の為に”という気持ちは皆同じです。CSRを通じた“ROCK YOUR LIFE”な活動、今後も進めていきます!

岡山のモモの生産組合と倉敷農業普及センターと連携、新たな出会いと新たなつながりが始まる

[未来の食] 2014.12.05

熱い夏がやってきました。2年前、冬のCSRに視察に来てくださった倉敷農業普及センターさんとの出会いが、素晴らしいかたちでプロジェクトとして実現しました。今年の夏から、岡山のモモの生産組合さんと、CSRのプロジェクトが開始することに。様々な産物と出会ってきた我々ですが、モモはまた特別な果樹です。朝収穫したモモが翌日には東京のお店の店頭に並んでいるという衝撃!インフラだけでなく、とてつもなく繊細な果実に日々注がれた農家さんの努力や、込められた想い。地域としてのブランディングの考え方やアジアマーケットを見据えたビジネス展開。1秒1秒が勉強になる3日間でした。ワークショップでは、農家さんとピーチティーの開発に取り組むことに!これからの夏が楽しみでなりません。